darkside of the moon🌙

ハイキングと自分が使った山ギアの紹介 あと山料理と珈琲なんかも まれに好きな音楽のことを書いてみたするような独りごちメモです

みちのく潮風トレイル セクションハイク4【装備編

 

セクションハイク4を歩いたあとに加筆しています

ウェアリング

気象庁の過去データを参考にしてみる

久慈の今年の4~5月の気温

*気象庁 過去の気象データ検索より

5月に入って最低気温が5℃前後で最高気温が20℃前後で推移

前年の5月の気温もこんな感じ(何日か最低気温0℃はあるけど)なので若干防寒系の衣類を当初の予定より減らすことにした

  • 着ていくウェア

(サコッシュにpatagoniaフーディニを忍ばせるw)

アルファベストはバス内の冷え対策

久慈駅着が9:30前後なのでそこまで寒くないと予想

むしろ最高気温が20度を超えてるので着いたらすぐショーパンになれるようバギーズショーツを下に履いていくことにする(笑

 

  • 予備のウェア

bringのレギンスとナノパフは就寝用

senchiは行動時の低温対策

 

1,091g

ギア

■スリーピングシステム

1,461g  
■クッカーシステム

251g
■レイン
OMM HALO PLUSまたはmillet TYPHON 50000 
ツユハラヒ

ユーロシルム スイング ライトフレックス アンブレラ

416g
■エマージェンシーキット
192g
■お風呂セットとガベッジバッグなど
506g
■熊よけ
お香、鈴
90g
■サンダル的なもの
ワークマン ライトスリッポン
354g
■ザック
trailbum steady
487g
4,566g
結構重くなってしまった^^;
5月も前半は朝は0度近い気温になりそうなので防寒系アイテムは外せない
300km前後のハイキングになるのでレインもしっかりしたものを持っていくべきか悩みどころ
文字色が違うアイテムがロングでは初のアイテムとなる
食料(行動食込み)6日分
2,197g
行動食はサコッシュに極力入れて重量の分散を図る
燃料
495g
æ°´
行動中に補給できるのでとりあえず初期段階では900ml
900g
モバイルバッテリー+MAP
615g
パックウエイト
8,773g
 
■エマージェンシーキットの見直し
新規で追加したもの
裁縫セット、爪切り
ワセリン、ラブ
包帯、ガーゼ
薬類⇨胃薬、鎮痛剤
裁縫セットは無印
薬は風邪薬、胃薬、整腸剤と鎮痛剤
そして芍薬甘草湯それぞれ1~2回分

www.kracie.co.jp

■無印のソーイングセット

www.muji.com

爪切りはビクトリノックス

www.victorinox.com

わずか12gだけどちゃんと爪が切れるすぐれもの

しかも1,650円と安い

 

筋肉痛を和らげるクリーム

 

前回からの変更点

・色付き文字にしてあるアイテムが新調したもの

・クッカー類の見直し

行程が長いので雰囲気を楽しむものは省き必要最低限にした

例えばチタンカップをやめてフォルダーカップにするとかクッカーも湯沸かしに特化してtoaksだけ持っていくとか

・熊よけ

インドのお香が熊よけに効くらしいとのことで新規で導入する

・ダニなどの対策

ダニガードとポイズンリムーバー

ファーストエイドキットはジップロックに変更

 

いつものことだが実際図ったはずなのに。。。

水を入れないでこの重量である^^;

*1

ここから加筆

結局水を900+300mlとボトル162gを含めると1,362g

10,492gになってしまった

 

さらに着ていったもののなかにもハイキング中ザックの中に入れて歩いたものも多い

▲420g

山と道 5ポケットパンツ 238g

山と道 アルファベスト 77g

Patagoniaフーディニジャケット 105g (⇦ 置いてきたと思ってたのにザックに入ってた^^;

 

使わなかった装備 ▲470 g

mont-bell ウィンドストッパー 56g

Patagoniaフーディニジャケット 105g

bring wonderleggins 213g

Boundless Voyage お猪口 23g

ココヘリ 73g*

エマージェンシーキットの中には使わなかったものもあるけど

お守りなので除外

 

 

*ココヘリの捜索対象エリアが山域であるため今回のみちのく潮風トレイルのトレイルコースは山域には当てはまらない可能性が非常に高いため不要だったかなと感じた

以下出発前にココヘリに問い合わせた回答

 

*1:ここに脚注を書きます